古いお風呂の交換サインとは?おしゃれにリフォームするコツも併せてご紹介します!

今もなお残るタイル敷きのお風呂には、古き良き魅力がありますよね。
しかし同時に、機能性や衛生面の劣化は免れられない問題でもあります。
今回は、古くなったお風呂をリフォームするタイミングや交換のサインを解説します。
リフォームのコツもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□あなたのお風呂にも当てはまる?古いお風呂の交換サイン3選!

まずはリフォームを検討すべきお風呂の劣化サインをご紹介します。
もし劣化症状が1つでもお住いのお風呂に当てはまったら、事故や故障に繋がる前にリフォームをお考えください。

1. タイルがひび割れている

モルタルに貼られているタイルは硬く、劣化と共に細かなヒビが発生します。
それだけならまだ見逃せますが、太いひび割れが増えてくると水漏れの原因になりかねません。
土台の腐食が進む前に交換しましょう。

2. 外側が湿っている

入浴後、一度外に回って基礎部分を観察してみてください。
湿ったり完全に濡れたりしている場合は、タイルからの水が外部分にしみ出している可能性があります。
防水性が劣化しているので、こちらもタイルを早めに交換するのがおすすめです。

3. 床に弾力がある

お風呂と脱衣所・洗面所の間の床に硬めの感触がないことがありますが、これは下地が腐食しているサインです。
ベニヤが湿っているだけと考えず、早めに点検を受けてください。

上記のいずれに当てはまる際も、リフォームするのがおすすめです。
次章ではリフォームのコツを見てみましょう。

□お風呂をおしゃれにリフォームするコツ

水回りのリフォームでこだわるべきは、見た目・素材・機能性です。
浴槽やシャワーひとつとっても様々な種類があり、各家庭のライフスタイルやこだわりに合ったお風呂をカスタマイズできます。

・見た目

例えば、海外風のおしゃれなお風呂にしたいならバスタブやオーバーヘッドシャワーを採用してみたり、庭を眺めてリラックスしたいなら大きな窓を設置したり。
こんなお風呂にしたいとイメージを持っておくと、経験豊富な施工会社も試行錯誤してくれます。
どうせ無理だと思わず、まずは相談してみてください。

・素材

浴槽や壁、床の素材はある程度性能を理解して選びましょう。
撥水性だけでなく、汚れにくさ、掃除のしやすさ、断熱性など見るべき点はたくさんあります。

・機能性

最近のお風呂はどんどん進化を続け、機能性においても目覚ましい発展を遂げています。
家庭の形や予算に合わせて、節水性やお風呂の形など細部までこだわることで、居心地の良いお風呂になります。

□まとめ

お風呂は人々の疲れを癒す憩いの場です。
しかしお風呂に限らず水回りは水漏れのリスクがあり、劣化のサインを放っておくと後で大変な目にあいかねません。
まずは今回紹介した劣化症状を確かめてみて、一度リフォームを考えてみてください。
お風呂のリフォームをご検討中の方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU