手洗い付きトイレって実際どうなの?おしゃれな例もご紹介!

トイレの中に手洗い台は本当に必要でしょうか。
もしかしたらトイレの外にある洗面所で手を洗うから必要ない、とお考えの方もいるかもしれません。
実際、トイレの中に手洗い台を設置するのにはさまざまなメリットが存在します。
今回は、トイレに手洗い台を設置するメリットとおしゃれな実例を紹介します。

□手洗い付きトイレのメリット

トイレに手洗い台を設置すると、想像以上に良いことがいっぱいあります。
導入を迷っている方は、まずはどのようなメリットがあるのか見てみましょう。

・衛生的

なにはともあれ「衛生的」、これが最大のメリットでしょう。
手を洗ってからドアノブに手をかけるので、ドアノブも比較的清潔に保てます。

・動線が楽

トイレ内で完結して洗面所まで足を運ばなくて済むので、動線がスムーズです。

・子どもや高齢の方が使いやすい

特に小さいお子様や移動が大変なご高齢の方は、その場で手を洗えるというのはとても楽に感じるはずです。
誰にとっても使いやすいのはありがたいですよね。

・来客時に使いやすい

洗面所はかなりプライベートな空間であり、あまりお客様に見せたくない、という方も多くいます。
トイレに手洗い台があればお客様に洗面所を見せなくて済むので、気兼ねなくトイレに案内できます。

以上がトイレに手洗い台を設置する主なメリットです。
逆にトイレが狭くなるという方もいらっしゃいますが、トイレタンク一体型の手洗い台もあるので、狭さが気になる方はぜひそちらもチェックしてみてください。

□おしゃれな手洗いアイデア

手洗い付きトイレの便利さを分かっていただけたでしょうか。
最近では、トイレはお客様も利用する場所であることから、トイレのデザインにこだわる方も増えています。
手洗い台はそんなデザインの一部として、おしゃれにアレンジできるのです。

ここからは、手洗い台のおしゃれな実例をご紹介します。

*パターン1・キャビネット一体型

手洗い台の下が収納になっているタイプです。
手洗い台自体は場所をとりますが、収納の役割を果たすことで省スペースを実現しています。
また生活感も隠せて、お客様に見られたくない洗剤やサニタリー用品はここに仕舞えます。

*パターン2・カウンター型

壁付けのカウンターに洗面ボウルを組み合わせるカウンター型手洗い台です。
スタイリッシュな見た目やボウルを選べる自由さで人気を集めています。
手を洗う際に持っているものを一度カウンターに置けるのも、意外に便利なんだとか。

□まとめ

トイレに手洗い場がなくても、洗面所があるから問題ない。
そう思っていた方も、導入してみると本当に便利で助かった、と感じてくださるかもしれません。
手洗い台のデザインも豊富なので、気になるデザインがあったらぜひチェックしてみてください。
水回りのリフォームのご不明点は、お気軽に当社までお問い合わせください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU