トイレに独立手洗い台は必要?メリットをご紹介します!

ホテルや飲食店などの施設に設置されているトイレには、ほぼ必ず独立型の手洗い台が併設されています。
おしゃれなデザインも多く、思わず憧れてしまいますよね。
実はトイレの独立手洗い台は、自宅にも設置できます。
今回は、トイレに独立型の手洗い場を設置するメリットや主流なタイプをご紹介します。
使い勝手が良くておしゃれなトイレを目指している方は、必見です。

□独立手洗い台のメリットとは?

独立手洗い台の導入を検討する際に参考にしていただきたいメリットは、3つあります。

1つ目は、水がはねにくく掃除がしやすいこと。
トイレ一体型の手洗いは場所が高くボウルも浅いため、水がはねやすい特徴があります。
逆に独立型なら好きな高さで設置できるので、手が届きやすく、濡れたり汚れたりしにくいのです。

2つ目は、衛生面を気にしなくて済むこと。
タンクレスが流行している中、外にしか手洗い場がなくて用を足した後にあちこち触らなくてはいけない、という方におすすめです。

3つ目は、デザイン性が高いこと。
トイレ一体型ではどうしても、トイレのデザインが手洗い場のデザインに直結してしまいます。
しかし独立型を導入すると、蛇口やボウルのデザインまでこだわれて、オリジナリティあふれる自慢のトイレが実現できます。

来客時にはお客様も使うので、トイレのデザインにはこだわりたい、という方が増えています。
そのようなご希望がある方には、メンテナンスの楽さも含め独立手洗い台をおすすめします。

ではこの独立手洗い台は、どのような種類があるのでしょうか。

□トイレ専用独立手洗い台のタイプ3選!

独立型の手洗いには様々な種類がありますが、ここでは主な3種類をご紹介します。
デザインにこだわりたい方は、まずは大まかな種類を知ってみてください。

タイプ1. 置き型

もっとも広く普及している手洗い台で、好きな高さの台に洗面ボウルを設置しています。
収納スペースができたり好きなデザインを組み合わせられたり、その自由度の高さが特徴です。
ただし設置にはある程度スペースが必要です。

タイプ2. カウンター型

こちらは壁にカウンターを取り付け、その上に洗面ボウルを置いて手洗い場にしているタイプです。
シンプルで掃除がしやすいのが特徴ですが、配管がむき出しになるので設置場所を工夫しなければなりません。

タイプ3. インウォール型

壁に手洗い台を埋め込むインウォール型は、省スペースが特徴のタイプです。
トイレに広いスペースを確保できない場合にはこちらのタイプをおすすめします。
ただし埋め込みの工事が必須なので、間取りによっては設置が不可能と判断されることもあります。

□まとめ

トイレの流行の変化に合わせて、トイレもおしゃれなものに、とタンクレスを採用する家庭が増えてきました。
それに合わせてデザイン性や衛生面が気になる場合は、ぜひトイレ専用の独立手洗い台を検討してみてはいかがでしょうか。
種類も様々あるので、お客様それぞれの理想に合う手洗い台がきっと見つかります。

トイレの独立手洗い台の新設をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU