気になる玄関のリフォームで知っておきたいポイントをご紹介!

玄関の立て付けが悪くなった、もっと今っぽい見た目にしたい…玄関をリフォームする理由はさまざまです。

しかしどんな事情であれ、誰もがリフォームにかかる費用については気になりますよね。

今回は、玄関のリフォームで使えるお得な補助金制度や、リフォームの際のポイントをご紹介します。

□補助金制度を上手く活用してお得にリフォーム!

玄関のリフォームだけでも、条件を満たせば国や自治体から補助金制度を受けられます。

まずは2023年3月時点で国から受け取れる補助金をご紹介します。

・こどもエコすまい支援事業

令和4年11月8日以降にリフォームした住宅を対象に、一定の条件を満たした玄関のドア交換リフォームに対して34,000円~40,000円の補助を設けている制度です。

「こども」という言葉が入っていますが子育て世代だけでなく、幅広い世代が利用できます。

申請は施工会社が行うので、利用したいとお考えの方は施工会社に相談しましょう。

・長期優良住宅化リフォーム推進事業

将来も住みやすい家づくりを推進する制度で、この制度はドア交換や単なる玄関リフォームだけでは補助金を受け取れません。

専門家の点検を受けたうえでいくつかの条件を満たせば、大規模なリフォームと併用して140万円までの補助金が適用されます。

・介護保険

要介護・要支援に認定されている方は、住宅のリフォームにかかる費用の9割(上限18万円)を助成金として受け取れます。

玄関に手すりやスロープを設置したいとお考えの方は、こちらの制度もぜひ知っておいてください。

またこれらの制度以外にも、各自治体がリフォームを推進する補助金を設けています。

お住いの地域の情報をその都度チェックしましょう。

※上記の情報は今後変更になる可能性があります。

□玄関リフォームで意識するべきポイント

玄関は人の出入りのために毎日使う場所です。

そのため使い勝手の良さを考えてリフォームしなければいけません。

靴や荷物の量に合わせて収納の量を考え、家族の年齢や将来を考慮しながら段差の高さを設計しましょう。

また、室温調節も玄関の大切な役割です。

断熱性や風通しを考えたドアを選ぶと、より居心地のよい住宅へと進化します。

さらに玄関は、来客時にお客様も利用する場所です。

人からの視線が気になる方は、少しデザインにもこだわると安心してお客様を呼べます。

□まとめ

玄関のリフォーム1つでも受けられる補助金制度があることを知っていただけたでしょうか。

また長期優良住宅化リフォーム推進事業はリフォームの規模が大きくハードルは高いですが、住宅全体のリフォームをお考えの方にはかなり高額を補助してくれる制度です。

ぜひ検討してみてください。

玄関のリフォームでは、ライフスタイルや家族の形に合わせて収納を考えましょう。

将来を考えるならバリアフリーを意識した玄関にするのが理想です。

玄関リフォームをお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU