キッチン購入をご検討中の方必見!人気色と選び方のポイントをご紹介します

シンクやカウンターだけでなく、色もキッチンの与える印象に大きく影響を与えます。
キッチンは一度購入すると相当なことがない限り、買い替えることはないので色選びは慎重にしたいものです。
そこで今回は、キッチンの色選びのポイントについてご紹介します。

□キッチンの色を選ぶ際の5つのポイント

1.キッチンと部屋の色を合わせる
ダイニングとキッチンは隣り合っていることが多いため、部屋や家具の色を合わせると部屋全体の統一感を演出できます。
食事を取るテーブルやソファと相性が良い色を選ぶとスマートな印象を与えられるため、おすすめです。

2.キッチン周りの色も考慮する
キッチンを、壁や床と合わせた色にすることで調和が取れます。
また、同系色でも濃淡が異なる色を使うことでアクセントをつけられます。
ベージュのフローリングにブラウンのキッチンを合わせることで抑揚がついておしゃれですね。

3.キッチンの素材や模様にこだわる
キッチンシンクの素材によってカラーバリエーションが豊富なものや一つの色しかないものがあります。
シンクとカウンターの色味を合わせたい方は、素材にこだわってみましょう。
他にも、引き出し収納の模様を木目調にするとやわらかな雰囲気に、石目柄だとスタイリッシュな雰囲気にできます。

4.実物の色合いを確認する
インターネットで気になるキッチンを見つけた方は、実物のキッチンの色合いを確認することが大切です。
インターネットで購入し、キッチンが完成した後にイメージと違って後悔することもあります。
実際の大きさやキッチンの機能も確認できるので、展示品を見に行くことをおすすめします。

5.照明や日当たりを慎重に見る
展示品の見学をおすすめしましたが、展示品のキッチンの照明はより色が鮮やかに見えるようにされています。
ご自宅の照明が展示品より暗かったり、日当たりが悪かったり すると、キッチンが重い雰囲気になってしまう可能性があります。

□人気な色を選べば失敗ナシ!

キッチンの色選びの特徴を押さえられたでしょうか。
もし色の調和を考えることが苦手だという方は、キッチンで人気な色を選ぶことで失敗しづらくなります。

1番人気な色は、清潔感のあるホワイト系です。
シンプルなので、キッチン家電とコーディネートがしやすいことや明るい雰囲気を演出できることが人気の理由です。

次いで人気が高い色は、汚れが目立ちにくい木目調です。
木目調の中でも濃淡や色味、模様が違うので自分好みのキッチンに展開しやすいのです。
北欧や和モダンの家具と相性が良いため、幅広い年齢層に人気のある色です。

□まとめ

今回は、キッチンの色選びについて解説しました。
キッチンの色選び次第では、部屋がチグハグになり、落ち着きがない空間になってしまいます。
キッチンは相当な事態がない限り買い替えはしないので、後悔しないように実物の見学や、家に置いた時のイメージを忘れないようにしましょう。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU