片開き?親子ドア?玄関ドアの種類をご紹介!

理想の家づくりのためには家の顔である玄関ドアを慎重に決めることが重要です。
玄関ドアのデザインによって、家のイメージや雰囲気はがらりと変わるので、理想の家に合う玄関ドアの選択肢を増やすことをおすすめします。
そこで今回は、玄関ドアの種類や特徴についてご紹介します。

□玄関ドアの種類は実はたくさん!

玄関ドアは大きく開き戸と引き戸の二つのタイプに分けられています。
開き戸とは一枚のドアが左右どちらかに開閉するタイプで、片開きドアが最も一般的です。
片開きドアの種類の中に袖付き片開きドアがあり、ガラス窓がドアの左右に備わっているドアのことです。

他にも、親子ドアと両開きドアが開き戸に該当します。
親子ドアは広々とドアが開けられるように袖や子ドアを開放でき、両開きドアは左右対称の2枚のドアを開放できます。
どちらも大きな家具の搬入や車椅子を通すのに便利なことや開放感を演出できることがメリットです。

一方で、引き戸とは一枚の引き戸を左右にスライドさせて開閉するタイプで、和風の家に合う引き違いドアが一般的です。
最近では、洋風の家に合う引き違いドアのデザインが出てきたので、理想の家が洋風である場合でも対応できます。

片引き戸は引き違いドアとは異なり、扉を一枚しか使用しません。
閉塞感があるのではという心配がありますが、ガラス製の袖を組み合わせることで自然光を取り込みやすく、開放感を演出できます。
両引き込み戸は、中央の2枚の戸を両側の壁に引き込めるので、開口幅が広く取れます。

これらの引き戸は、ドアを左右にスライドするため、高齢の方にも優しいバリアフリー設計であることが大きな特徴です。

□玄関ドアを選ぶ時に知っておくと良いポイント

玄関ドアを選ぶ時は、ご自身やご家族のライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。
引き戸はバリアフリー設計なので、小さな子どもや高齢の方がお住まいの際には快適な暮らしを送れるでしょう。
一方で、開き戸の方が断熱性や防犯性が優れていたり、引き戸のようにレールがないため掃除が楽にできたりと異なった利便性があります。

家族構成やライフスタイルを考えて、玄関ドアが開き戸、もしくは引き戸だったらと完成像をイメージしてみると良いでしょう。

□まとめ

玄関ドアは家の印象を変えるだけでなく、それぞれの機能によって暮らしの快適さが変わってくるのです。
本記事で玄関ドアの種類や特徴を捉えて、選択肢が広がったと思われます。
玄関ドアの種類がたくさんあり、どの玄関ドアがご自身やご家族のライフスタイルに合うかお悩みの方は、お気軽に当社のホームページからお問い合わせください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU