キッチンシンクにはどんな種類がある?素材ごとのメリット・デメリットをご紹介

キッチンの印象を大きく変えるのは、キッチンシンクです。
キッチンに立っている時は常にシンクが目に入りやすいので、キッチンを探している方は、キッチンシンクの素材を意識することがおすすめです。
そこで、キッチンシンクの種類やそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

□キッチンシンクの素材別にメリット・デメリットをご紹介!

キッチンシンクの代表的な素材は、ステンレス・人造大理石・ホーローです。

家庭や飲食店で多く使われているステンレスシンクは、定番素材ですのでリーズナブルな価格であることが大きなメリットです。
他にもステンレスの名の通りサビにくく、臭いや汚れがつきにくいことも特徴です。
耐熱性や強度が高いので、家庭のキッチンに採用するのなら長く使えるのでおすすめです。

しかし、ステンレスのシンクだからといっても絶対にサビないわけではなく、湿度が高いとサビが発生することもあります。

ステンレスやホーローにはない色の多様さが特徴の人造大理石のシンクは、キッチンに高級感が出ることから人気がでてきました。
おしゃれなキッチンを検討している方にはおすすめの素材です。
しかし、紫外線の影響で黄ばんでくることや、人工的に粉砕した大理石を固めているので硬いキッチンツールを落とすと割れる場合があることがデメリットです。

ホーローシンクは鉄やアルミニウムなどの金属を下地に、その表面をガラスの層で覆ったものです。
金属が持つ強度とガラスが持つ耐水性と耐熱性が揃っているので、長期的に美しいシンクのまま使用できることが大きなメリットです。
キッチンシンクとしては比較的費用が高いことや取扱メーカーが少ないことが懸念点として挙げられます。

□シンクを選ぶ時のポイント

3種類のキッチンシンクの機能性が異なることを説明しましたが、機能だけではなくキッチンカウンターとの兼ね合いも選ぶ時のポイントです。

一般的にはキッチンカウンターとシンクは同じものにしますので自分好みの家をイメージしておくと選びやすいです。
シャープでスタイリッシュなスタイルが好みの方はステンレスシンクやホーローシンクがおすすめです。
人造大理石のシンクはやわらかくナチュラルな雰囲気の家に合います。

□まとめ

今回は、素材別にキッチンシンクのメリットとデメリットをご紹介しました。
キッチンシンクは素材自体の機能性の特徴が異なるので、キッチンの配置場所やライフスタイルを考慮して決めると良いでしょう。
また、キッチンシンクはキッチンの中でも目に入りやすいのでデザイン性を重視してみても良いですね。
ぜひ、機能とおしゃれなデザインを両立したキッチンを考える際にお役立てください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU