お風呂場リフォームをお考えの方へ、システムバスの評判と特徴を解説します!

リフォームを検討する中で、金額的にも面積的にも大きな割合を占めるシステムバス。
お悩みの方も多いのではないでしょうか。
そのような方へ向けて、今回は評判の良いシステムバスや選び方のポイントをお伝えします。

□各社のシステムバスの評判について解説します!

ここでは主なメーカーとして、以下の3つを挙げてそれぞれの評判を解説します。

・TOTO
・LIXIL(リクシル)
・Panasonic

TOTOのユニットバスは、水回りに強いブランドのイメージに違わぬ豊富な知識から生み出される独自の製品で根強い人気を誇っています。
中でも定番商品「サザナ」は、2021年3月発行の『リフォーム産業新聞』の「リフォーム大賞2021にて」バス部門総合1位を獲得、4連覇を達成しています。

LIXIL(リクシル)のユニットバスは、特にデザイン性の高さによって女性から支持を集めています。
定番の「アライズ」は、スタンダードでありながら高いクオリティを兼ね備えたくさんのご家庭で採用されている人気商品です。

Panasonicのユニットバスは、大手家電メーカーだからこその高い意匠性と美容効果が期待できる機能が魅力です。
主力商品の「オフローラ」は自分も浴室もキレイにできる、綺麗好きの方におすすめの商品です。

□システムバス選びの4つのポイントをご紹介!

1つ目のポイントは、デザイン性です。
単調でデザインが限られているイメージのあったユニットバスですが、最近のシステムバスはバリエーション豊富な展開がされています。
パーツを組み合わせて自分好みのユニットバスを考えるのも楽しいですね。

2つ目のポイントは、掃除のしやすさです。
毎日使う浴室だからこそ、掃除のしやすさは重要度の高いポイントとなります。
各メーカーによって掃除をしやすくするための様々な工夫がされていますので比較しやすいポイントともいえるでしょう。

3つ目のポイントは、快適性です。
最近では、身体を洗い湯に浸かるだけでなく、より快適に入浴が楽しめる工夫がされたユニットバスが増えています。
テレビやスピーカーが取り付けられた浴室など、ご自身のスタイルに合わせてお好みのものを選びましょう。

4つ目のポイントは、価格です。
ユニットバスを新しくする際は、「グレード」と「サイズ」によって価格相場が変わってくることを念頭に置いて検討しなければなりません。
要望と予算の落としどころを探しつつ考えましょう。

□まとめ

システムバスはリフォームの中でも大きな部分ですので、各メーカーの評判や自身のニーズを正しく把握した上で慎重な検討をおすすめします。
自分は何を重視するのか、予算の中で選ぶために諦められないところ、妥協できるところを事前にまとめておきましょう。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU