ハイバッグタイプの洗面台について、メリットとデメリットを解説します!

洗面所のリフォームをご検討中の方へ、ハイバッグタイプの洗面台をご紹介します。
毎日使う洗面台ですので、快適で使いやすいものを選べるようにご活用ください。

□ハイバッグタイプの洗面台の特徴とは?

洗面台の種類のひとつである「ハイバッグ」、具体的には水が出る水栓が正面の壁に付いている洗面台を指します。
このタイプの洗面台は、水栓が壁に付いていることで付け根に水がたまりにくくなります。
そのため石鹸のかけらや水垢がたまらず、お手入れが非常に簡単であるという特徴があります。

ハイバッグタイプと対になるのがフラットカウンタータイプの洗面台です。
こちらのタイプは水栓が台自体に付いており、洗面台から洗面ボウルにかけて滑らかで段差のない形状をしています。
境目がないため汚れがたまらず清潔な状態に保ちやすいのが特徴です。

いずれも衛生的という点で共通しておりますが、水栓周りの掃除のしやすさで言えば断然ハイバッグタイプの洗面台の方が優れているでしょう。

□ハイバッグタイプの洗面台のメリットとデメリットを解説します!

*ハイバッグタイプのメリット

前述の通り、水栓の付け根に水がたまらないことによる清潔さが最も大きなメリットと言えます。
さらに継ぎ目や凹凸が少なく、洗面台全体を簡単に吹き上げられるというのも大きな利点です。
毎日使用する水回りはどうしても汚れがたまりがちな部分ですので、掃除が面倒にならないというところに魅力を感じますよね。
さらに比較的奥行きがコンパクトなタイプが多いため設置スペースを気にせず選べるのも嬉しいポイントです。

*ハイバッグタイプのデメリット

ハイバッグタイプのデメリットとしては、物を置くスペースの狭さが挙げられます。
洗面台自体に水栓が付いていれば左右の水栓横に石鹸などを置けるスペースがありますが、水栓が壁に付いているハイバッグではそのようなスペースがありません。
歯ブラシや歯磨き粉、口をゆすぐコップなどの置き場所に困るというのは、おそらくどのようなご家庭でも大きなネックとなるでしょう。
ハイバッグタイプを選ぶ際は、これらの置き場所を事前に検討しておく必要があると言えます。

□まとめ

水栓が壁に付いており衛生的なハイバッグタイプの洗面台。
物を置くスペースが限られるというデメリットもありますが、掃除がしやすく清潔だというメリットからおすすめのタイプのひとつです。
洗面台のリフォームをお考えの際は、ぜひ候補に入れてご検討ください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU