平屋リフォームでおすすめの間取りを紹介します!費用を抑えるポイントも!

平屋を建ててから築年数が経過すると、現代の暮らしに合わせてリフォームを検討することもがあるでしょう。
せっかくリフォームするのであれば、使い勝手のよい間取りを実現したいですよね。

そこで本記事では、平屋リフォームでおすすめの間取りと費用を抑えるポイントを紹介します。

□平屋リフォームでおすすめの間取り

平屋であると移動が少なくなるため、そもそもの使い勝手はとても良い建物です。

しかし、暗いイメージや開放感がないというイメージもあるでしょう。
そこで、さらに使い勝手を向上させられるアイデアをご紹介します。

1.部屋間の移動を最短距離にする

最近注目を集めている平屋ですが、住人の高齢化を視野に入れると動線のシンプルさが重要となります。
特に、家事動線には障害物を避け、まっすぐ移動できる配慮が必要です。

2.リビングは家の中心に配置する

家族が集まるリビングは、家の中の中心にある存在です。
そのため、間取りを考える際にも家の中央に配置するようにしましょう。
平屋は防犯対策が重要となる造りをしています。
防犯面に関しても、長い時間を過ごすことになるリビングが他の部屋に囲まれた中心部分にあると望ましいです。

3.客間は玄関の近くに

玄関から直接入れる場所に客間を配置すると、万が一リビングが散らかっていてもリビングを通らずに来客の方を通せます。
玄関の近くに客間を配置するのであれば、トイレもリビングを通らずに行ける場所に配置するのがおすすめです。

□リフォーム費用を抑えるポイント

リフォームで間取りを変更するのであれば、可能な限り費用を抑えたいですよね。
そのため、費用を抑えるポイントをご紹介します。

*予算を決めておく

事前に全体の予算を決めておくことが大切です。
追加工事が出た場合も想定し、予備費を含めて予算を立てて予算オーバーを防ぎましょう。
また、リフォームの工事期間は仮住まいが必要になる場合が多いため、以上のことを踏まえたうえで予算を立てましょう。

*間取り変更の優先順位を決める

現在不便に感じていることや間取りで叶えたいことについて考えてみましょう。
その中で、絶対に叶えたい間取りと譲れるポイントを決めていきます。
リフォーム工事を行う場合は、一度に複数の工事に取り掛かると職人さんの拘束時間を集約できるため、費用を抑えられます。

しかし、予算がオーバーしそうな場合や急がない工事は後回しにしましょう。

□まとめ

平屋をリフォームするのであれば、動線や防犯面を考慮してさらに快適な間取りを目指しましょう。
また、事前に予算と間取りの優先順位を決めておくことで、費用を抑えやすくなります。
希望条件と希望予算を踏まえたうえで、素敵なリフォームを行ってくださいね。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU