平屋を二階建てにリフォームする際の注意点について解説!

平屋にお住まいの方で、居住スペースを広げるために二階部分の増築を検討されている方もいらっしゃるでしょう。
思い入れがある家屋を残しながら、さらに使い勝手の良い家にリフォームできます。
本記事では、平屋を増築するメリットに加え、耐震強度や費用面に関する注意点についてご紹介します。

□平屋を増築するメリット

・床面積を増やしてニーズに合った環境を手に入れられる

最適な住環境は、その時々によって変化するものです。
増築によって部屋数を増やしたり庭に倉庫を増設したりして、現在のニーズに合わせた快適な環境を実現できます。

・建て替えよりも割安でリフォームできる

住環境を変更する方法として建て替えという方法もありますが、建物を全て取り壊して一からつくり直すことになるため、費用が高額になってしまいます。
また、建て替えをするためには数カ月に及ぶ工事期間中に仮住まいをするための住居を用意する必要があります。

一方で、増築であれば解体工事も限定的であるため、費用を抑えられます。
また、工事によっては平屋に住み続けながら作業を進められることもあります。

□平屋を二階建てにリフォームする際の注意点

*耐震強度について

平屋の上に二階を増築する場合は、既存の建物の耐震強度を確認することが大切です。
もともとは平屋として建てられた住宅は、二階を支える土台の強度が足りないこともよくあります。
そのため、リフォームをする前に耐震診断を行ってから、強度が不足している場合には耐震補強を行って増築することになります。
また、床面積が10平方メートル以上増える増築を行う場合には、自治体や検査機関に対して申し込む建築確認申請が必要です。

*費用面について

増築をする際は、何にどのくらいの費用がかかるのか知ったうえで、予算に合わせて施工範囲を決めていきましょう。
リフォームで二階部分を増築する場合の費用は、耐震補強の有無、リフォーム内容、建材などによって大きく異なります。
特に、トイレやキッチン、浴室などの設備を追加するかしないかが費用を大きく左右するポイントです。

□まとめ

平屋の増築を行うことで、床面積を増やしてニーズに合った環境を手に入れられるほか、既存の家屋を残して工事ができるため、建て替えよりも費用を抑えられます。
リフォーム前には十分な強度が備わっているかどうか必ず確認しましょう。
予算の中でできるだけ希望に近づけられるように、ご家族と話し合って計画を立ててみてくださいね。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU