スケルトンリフォームとは?その種類を紹介!

現在住んでいる住宅のリフォームを検討されている方や、リフォームを前提として中古マンションの購入を検討されている方は、どこまでリフォームを行うべきかお悩みではないでしょうか。
本記事では、リフォームの一種であるスケルトンリフォームについてご紹介します。
スケルトンリフォームの特徴や種類について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

□スケルトンリフォームとは?

スケルトンリフォームとは、床や壁、天井を全て取り払い、躯体のみの状態にして間取りからつくり直すリフォームです。
近年人気が高いリフォームの一つとして挙げられます。
排水管にも手を加えられるため、通常のリフォームでは難しい水回りの変更や移動も可能です。

マンションのスケルトンリフォームでは、コンクリートの地肌が見えるまで住戸を解体・撤去してから間取りをつくります。
戸建ての場合は、基礎や梁、柱など基盤を残して、屋根や外壁なども含めた住戸全体を解体・撤去します。

スケルトンリフォームと似た言葉として、フルリフォームがあります。
フルリフォームはスケルトンリフォームよりも広範囲な工事であり、工事の内容はリフォーム会社によって異なります。
スケルトンリフォームはフルリフォームの一種として考えましょう。

□スケルトンリフォームの種類

*内部のスケルトンリフォーム

外装はそのままで、室内の天井や床、壁を全て解体します。
内部スケルトンリフォームでは、既存の枠組みの状態確認や耐震・断熱補強、間取りの再設計が可能です。

*外部のスケルトンリフォーム

外壁の解体のみを行うリフォームです。
モルタル・サイディングなど仕上げ材を一度剥がし、外周部を躯体のみの状態にします。
外部スケルトンリフォームは、外壁や屋根の傷みがひどくて塗装ではまかなえない場合や、断熱材を外周部に入れたい場合に行います。
特に、室内の間取りを変更する予定はないものの、外装の傷みが激しい場合に適した方法です。

*内部外のスケルトンリフォーム

建物全体を一度骨格のみの状態にして再構築する方法です。
外壁の老朽化によって雨漏りが深刻な場合や、大規模に間取りを変更する場合などに適しています。
建物を完全に躯体のみの状態にするため、老朽化が進んでいても新築時と同様またはそれ以上に性能を回復させられます。
ただし、躯体を傷つけないように原則手作業で解体するため、時間も費用もかかってしまう点に注意しましょう。

□まとめ

スケルトンリフォームとは、床や壁、天井を全て取り払い、躯体のみの状態にして間取りからつくり直すリフォームです。
スケルトンリフォームには、内部のスケルトンリフォーム、外部のスケルトンリフォーム、内部外のスケルトンリフォームがあるため、住宅の状況に応じて、適した方法でリフォームを行うようにしましょう。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU