骨組みだけ残してリフォームする「スケルトンリフォーム」について紹介します!

ご自宅のリフォームには多くの種類や方法があります。
中でも、骨組み以外を一新する「スケルトンリフォーム」をご存知でしょうか。
今回は、リフォームの種類の一つであるスケルトンリフォームの特徴とメリットについてご説明します。

□骨組みだけ残してリフォームする「スケルトンリフォーム」とは?

「スケルトン」には骨格という意味があるため、建物を骨組みだけの状態に戻してリフォームすることを、スケルトンリフォームと言います。
これは、木造一戸建ての場合は柱と梁の木組みの状態、マンションの場合はコンクリート躯体の状態にまで建物を裸にして、間取りから新しくしていくリフォームの総称です。

スケルトンリフォームは、今後長期的に暮らしていけるようにスケルトン(骨組み)を補強し、ライフスタイルに合わせて間取りや設備を自由に変更できることが強みのリフォームなのです。

□スケルトンリフォームのメリット

ここからはスケルトンリフォームのメリットを5つご紹介します。

1.費用を抑えられる
工事内容にもよりますが、新しく家を購入するより安価で、新築と同じように間取りや内装を自由に設計できます。
新築の注文住宅と比較すると、スケルトンリフォームの方が費用を抑えられます。

2.配管や断熱材を設置できる
スケルトンリフォームでは内装や間取りだけでなく、水道の配管や暑さ・寒さを防ぐための断熱材など、壁や天井裏にあるものまで新しくできます。
築年数の長い建物の場合、これらの設備が古くなっていることが多いため、交換することで快適な暮らしにつながります。
目に見えない住み心地の部分まで質を向上できるのは、スケルトンリフォームの強みの1つです。

3.家全体のデザインを統一できる
スケルトンリフォームは骨組み以外の全てを一新できるため、部分的なリフォームと違い、家全体のデザインを統一できます。
自分の好みに合わせて、住まいにテーマを設けてデザインするのも良いかもしれません。

4.家そのものの補強ができる
スケルトンリフォームでは、築年数の長い建物の基礎や機能を最新のものにグレードアップできるのも魅力の一つです。
断熱性や気密性が低い建物の場合、断熱材や気密シートを設置することで機能を高められます。
また、地震への備えとして、柱を補強することで耐震性を高められます。

5.建物の面積を変えずに済む
古い建物の中には、現行の法律に違反する方法で建築されているものもあります。
その建物を壊して新築にする場合、現代の建築基準法に則って建て替える必要があるため、建物の面積が小さくなる可能性もあります。
しかし、スケルトンリフォームであれば骨組みを残したままリフォームするため、建物の面積が小さくなることはありません。

□まとめ

今回は、スケルトンリフォームの特徴とメリットをご紹介しました。
スケルトンリフォームには、建物のイメージや機能、住み心地を一新できるうえに、新築より費用を抑えられるという大きな強みがあります。
当社では、多数の受賞経験がある建築士がお客様の理想の住まいを実現します。
お客様の理想や予算、家族構成など、まずはお気軽にご相談ください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU