掃除しやすいキッチンの特徴とは?便利なキッチンにリフォームしよう!

キッチンは毎日使う場所ですが、その分汚れやすいので定期的に掃除をしなければいけませんよね。
しかし、頑固な油汚れや掃除する場所が多いせいで、キッチン掃除がしにくいという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、掃除しやすいキッチンの特徴と、便利なキッチンにリフォームするためのコツをご紹介します。

□掃除しやすいキッチンの特徴

掃除しやすいキッチンには、いくつか共通する特徴があります。
掃除が苦手な方にとってはもちろん、得意な方にとっても楽に掃除できるキッチンの特徴をご紹介します。

・素材

掃除しやすいキッチンにするためには、キッチンの素材選びが大切です。
ステンレスや人工大理石が一般的に使われているのは、他の素材と比べて手入れがしやすいからです。

・ガスよりもIH

ガスコンロの方が火力が強く好みだという方もいらっしゃるでしょう。
しかしパーツや凹凸が多く、掃除という観点では楽とはいえません。
IHは表面がフラットなので、使った後に拭き掃除をするだけで済みます。
キッチンの清潔さを保つためにもIHがおすすめです。

・収納内部

調味料や調理器具、食器などキッチンにはたくさんの収納スペースがあります。
収納の中に汚れがたまっているケースは多々あります。
ものが詰まっているほど全て取り出して掃除をするのは大変なので、取り出しやすい・詰まりすぎいない収納を目指すことをおすすめします。

□キッチンリフォームのコツ

*キッチン収納

収納が開き扉タイプの場合、引き出しタイプにすると収納力が上がるだけでなく、ものを取り出しやすくなります。
毎日使うキッチンの収納を引き出しにすることでとても楽になります。

また、収納する場所や物も工夫すると良いでしょう。
基本的には、使う場所の周りにキッチンアイテムを収納することをおすすめします。
シンク周りで使うボウルやザル、包丁はシンク下に、コンロ下にはフライパンと入りきらない鍋、コンロ近くには調味料を置いておくと、とても便利です。

*レンジフードとコンロ

レンジフードとガスコンロは、キッチン掃除の中で最も大変と言われています。
レンジフードは放っておくと油が垂れたり、こびりついたりする原因になります。
リフォームをする際は、フィルターなしのレンジフードにすると掃除が簡単になるのでおすすめです。

ガスコンロからIHにリフォームするのもおすすめです。
どうしてもガスコンロにしたい方は、グリル部分の掃除がしやすいガスコンロを選びましょう。
最近では焼き網ではなくプレートで魚を焼くものや、焼く・煮る・蒸すなど機能をたくさん持った製品があります。
掃除が楽になるだけでなく、家事効率も上げられますよ。

□まとめ

掃除がしやすいキッチンには、ご紹介した共通の特徴があります。
キッチンリフォームを検討する際には、機能性やデザイン性を追求することも大切ですが、掃除のしやすさも重視したキッチンへのリフォームをおすすめします。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU