キッチンが狭くてお悩みの方へ!広くするためのアイデアを紹介!

キッチンは毎日使う場所ですし、料理好きの方はものであふれてしまいますよね。
そのため、キッチンが狭くて悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
そこで今回は、キッチンが狭くてお悩みの方へ、広くするためのアイデアをご紹介します。

□狭いキッチンを広くする方法

*収納と作業スペースの確保

キッチンを広く使うためには、収納や作業スペースを確保する工夫が必要です。

個人でもできる工夫には以下のものがあります。
・マグネットやフックを活かした見せる収納
・流しに板を置いて作業スペースを拡大する
・コンロカバーの設置

*可動式キッチンワゴンやラックを活用する

備え付けではない、プラスアルファの収納を活用しましょう。
例えば、可動式のキッチンワゴンです。
自由に利用できるキッチンワゴンは、頻繁に使う調味料を収納したり、簡易的な作業スペースとして活用したりできます。

*キッチンリフォーム

思い切ってキッチンをリフォームするという方法もあります。
個人で出来る収納や作業スペースの工夫、プラスアルファの収納作りには限界があります。
リフォームを活用すれば、簡単に快適で広いキッチンが実現できます。

□狭いキッチンで収納場所を確保するための工夫

・マグネットやS字フックを活用する

収納はしまうだけでなく、かけて収納することもできます。

例えば、冷蔵庫の側面を活用したマグネットでの収納です。
マグネットでプリントを貼り付けているご家庭は多いですが、キッチンで使うツール類を収納してみましょう。
手拭きタオルやキッチンバサミなど、頻繁に使うアイテムを収納すると使いやすいですよ。

また、シンク上の水切り棚や換気扇カバーなどにS字フックをぶら下げて収納する方法もあります。
コンロ近くではフライパンやフライなどのツール類、シンク上にはタオルや布巾などをぶら下げておくと便利です。
S字フックをかける場所がない場合は、つっぱり棒を使って引っ掛ける場所をつくる工夫をしてみましょう。

・ごみ箱をスリムにする

キッチンからはたくさんのごみが出るので、スムーズにごみを分別して処分できると作業効率が高まります。
しかし、狭いキッチンにはたくさんのごみ箱を置くことは難しいですよね。
スリムタイプのごみ箱にすることで、ちょっとしたスペースに収まって楽に分別できますよ。

□まとめ

キッチンが狭い場合は、ご紹介した3つの方法を使って広さを確保してみてください。
狭いキッチンで収納場所を確保するには、マグネットやS字フックを活用したり、ごみ箱をスリムタイプのものにしたりすることをおすすめします。
個人での工夫だけで難しい場合は、ぜひキッチンリフォームを検討してみてくださいね。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU