壁の色はどのように選ぶべき?おしゃれな色を紹介します!

家づくりをするときには、家の壁の色を自分で決めなければいけません。
しかし、何もないところから壁の色だけを決めるのはなかなか難しいですよね。
そこで今回は、壁の色はどのように選ぶべきか、おしゃれな壁の色と併せてご紹介します。

□壁の色の選び方

壁の色を選ぶときにはおすすめの順序があります。

まずは、部屋全体をどんなイメージにしたいかを決めましょう。
壁の色を決めようとカタログを眺めていても、選択肢が多すぎて決められないでしょう。
壁の色単体で決めるのでなく、部屋全体をどんなイメージにするかを決めることで、部屋の雰囲気に合った壁の色を選べます。

部屋全体をどんなイメージでまとめたいか決まったら、床と壁の色を決めましょう。
壁と床は部屋の中で面積が広く、部屋に置く家具への影響も大きくなります。
面積の広い部分の色が決まったら、扉やキッチン、家具の色を決めましょう。
壁と床に合うデザインや色味の物を選ぶと、部屋全体に統一感が出ておしゃれに見えますよ。

□おしゃれな壁の色を紹介

*暖色

暖色は気分が上がるイメージの色です。
部屋が暖色だと、気持ちが高まり、楽しい空間に仕上がります。
例えばオレンジ系の暖色は、上記の効果に加えて、人間関係を良好にしてくれる効果もあるのでおすすめです。

色に加えて模様でおしゃれさを演出することもできます。
赤褐色のレンガ模様の壁は、部屋全体が暖かく、落ち着いた空間になります。

*中性色

穏やかな色味の中性色も、内装の壁の色におすすめです。

爽やかなライムグリーンは、リラックス効果があったり、リフレッシュできる心理的効果があったりします。
特に、寝室や書斎の壁の色におすすめのカラーです。

ピンク色は、かわいい印象をお持ちの方が多いでしょう。
淡いベビーピンクの壁に白のインテリアを組み合わせると、かわいくおしゃれな部屋に仕上がります。
お子様がいる方は、子供部屋をかわいくしてみても良いでしょう。

*寒色

寒色の壁は、色の濃さによって清潔感や落ち着いた印象を持たせられます。

洗面所は、特に清潔感が大切なので、鮮やかな青や水色の壁がおすすめです。
紺色の壁は落ち着き感を与える効果があるので、リビングダイニングや寝室の大きな壁に採用してみてもよいでしょう。

□まとめ

壁の色を決めるときは、目指したい色を決める前に部屋全体のイメージを決めることをおすすめします。
実現したいイメージが決まったら、それに合う色の壁に仕上げましょう。
暖色・中性色・寒色でおすすめの色をご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU