予算1000万円でどこまでリフォームできる?事例を紹介します!

生活スタイルの変化により、ご自宅のリフォームを検討していらっしゃる方も多いでしょう。
限られた予算の中で、できるだけ理想の家に近づけたいですよね。
今回は、予算1000万円でどこまでリフォームができるのか解説していきます。
事例を挙げて紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

□予算1000万円でどこまでリフォームできる?

予算1000万円であれば、戸建てとマンション共に内装のフルリフォームができます。
具体的には、お風呂場やキッチンなど水回り設備の交換や間取りの変更、床や壁の張り替えなどが含まれます。

マンションの場合は、商品のグレードを上げても1000万円で収められることが多いでしょう。
一方で、戸建てはリフォーム面積が広くなりやすいことから商品グレードを上げすぎてしまうと予算に収まらないこともあるため、注意しておきましょう。

□予算1000万円でできるリフォームの事例

*付加価値を高めるフルリフォーム

フルリフォームでは古くなった物件を再利用できるため、付加価値を高められます。
例えば、実家や中古物件を購入してリフォームすると、新築を購入するより安く理想の家を手に入れられます。
使い勝手の良い生活動線をつくりたい、生活スタイルの変化に合わせたい、など理想を叶えられるリフォームです。

*省エネリフォーム

室温など快適性の向上、設備機器による消費エネルギーを抑えることを目的としたリフォームを、省エネリフォームといいます。
例えば、断熱材を新しくして冷暖房の効率化を目指したり、断熱性を向上させるために窓を交換したりします。
このように省エネリフォームを行うことで、より快適な環境を整えられます。

*平屋に減築するリフォーム

子育てが終わって子供が巣立っていくと、使わない部屋が出てくることもあるでしょう。
そのような方には、減築リフォームがおすすめです。
2階建ての家を平屋にしたり、増築部分を撤去したりする方法があります。

平屋は災害にも強く、人気が高まっていますよ。
何よりも、平屋にすることで生活動線が簡略化されることが最大の利点です。
階段からの転落防止、耐震性の向上といったメリットもあります。

□まとめ

予算1000万円であれば、フルリフォームが可能です。
付加価値を高めるフルリフォーム、省エネリフォーム、平屋に減築するリフォームを事例として紹介しました。
まずはリフォームをする目的について考え、それを踏まえたうえでどんなリフォームが適しているのか検討してみてはいかがでしょうか。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU