おしゃれな北欧リビングにするために!必要な要素を紹介します!

北欧スタイルに対して、洗練されていて、美しい空間というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
実は、北欧スタイルには他にもたくさんの魅力があるのです。
今回は、北欧スタイルの特徴と北欧リビングに必要な要素を解説します。
北欧スタイルに興味がある方、北欧リビングを検討されている方は必見です。

□北欧スタイルの特徴

北欧スタイルの特徴は、温かみのある空間を作り出せることです。
なぜなら、ほとんどの北欧に暮らす人々は室内をいかに快適にするかというこだわりが強いからです。

北欧は寒さが厳しく日照時間が少ないので、外出している時間よりも自宅で過ごす時間のほうが多いです。
そのため、北欧で暮らす人々は家の中を温かみのある空間にするために工夫を凝らしてきました。
例えば、使いやすく温かみのある木製の家具・インテリアや白い壁を基調とした部屋が挙げられます。
このような北欧スタイルのリビングにすると、家族で過ごす時間がより楽しくなるでしょう。

□北欧リビングに必要な要素を紹介

リビングに北欧スタイルを導入する前に、必要な要素について押さえておきましょう。

*北欧の家具

北欧のリビングにするために必要な要素は、北欧の家具です。
北欧の家具のほとんどは、木の温かみを感じやすいデザインです。
例えば、リビングに木と布を組み合わせたソファを選ぶことにより、リビング全体に温かみが出ます。
北欧のリビングにするための入り口として、まずは北欧の家具を選びましょう。

*部屋と家具の配色

北欧のインテリアのカラーは、白っぽい色が基本です。
インテリアの白っぽさと家具の木目を組み合わせ、温かみのある雰囲気を出せます。
そのため、白を基調としたリビングのほうが北欧スタイルに近づきやすいのです。
一方で、ダークブラウン系のリビングでも、北欧デザインの家具やラグをレイアウトすることで北欧風のリビングにできます。

*有名な北欧デザイナーが手掛けた家具

北欧の家具の特徴は、機能性を優先した先にある美しさです。
北欧の家具の中には世界的に知られているアルネ・ヤコブセン、コーア・クリントなど、著名なデザイナーがデザインした家具があります。
機能美を追求した家具を置くことで、より温かみがあり、北欧らしさが出たリビングにできます。

□まとめ

今回は、北欧スタイルの特徴と必要な要素について解説しました。
北欧スタイルの特徴はおしゃれだけではなく、温かみのある雰囲気を出せるスタイルです。
温かみのある北欧風のリビングにするために、まずは家具から選んでいきましょう。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU