2階リビングにしたいけど老後が心配な方へ!対策について解説します!

2階にリビングを設置することは、耐震性や日当たりの良さなどさまざまなメリットがあります。
ただし、老後の暮らし方について不安を持たれている方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は2階をリビングにする際の老後対策について解説していきます。

□2階リビングの家での老後対策について

2階にリビングを設置することは、老後を意識した生活空間を考えなければなりません。

*2階だけでなく1階にも生活空間を

1階でもある程度の生活ができるようにしておきましょう。
もし足腰が弱り、2階にのぼることが厳しくなったら、ホームエレベーターを設置する必要性が出てくるからです。
そのため、1階に洗面台やトイレ、寝室に使える部屋などを配置して、1階だけでも生活できる間取りにしておくと安心です。

*老後対策として優しい階段作り

ご高齢の方の健康を維持するための手段として、階段の上り下りが推奨されています。
そのため、ご高齢の方でも簡単に上り下りできるような優しい階段にしましょう。
広い踏み面や低い段差にするだけではなく、踊り場を作ることで、もし階段で転倒しても一気に落ちてしまう心配はありません。

*老後対策として下地の補強も重要

手すりを設置するために、あらかじめ下地を補強しておきましょう。
足腰が弱り、歩行が困難になった際に、階段や廊下などに手すりを設置したいと思うはずです。
ただし、手すりを設置するには壁の下地をしっかりと補強しなくてはいけません。
将来的に手すりを設置することを考えて、あらかじめ下地を補強することをおすすめします。

□老後対策はしすぎないように注意

家づくりの段階から、老後対策しておくことは大切です。
ただし、過度に老後対策をしないように注意しましょう。
将来の生活がどのようになるのかわからないためです。

家づくりの段階から老後生活を過度に意識してしまうと、後悔することも考えられます。
車いすの生活に適した家にしたとしても、将来、家で車いすで生活するかはまだわかりません。
どんな状況でも対応できるように老後対策をしすぎないことも大切なのです。

□まとめ

2階にリビングを設置する際は、老後を意識した生活を考えることが大切です。
老後を意識した生活を考える際は、過度な老後対策にはならないように十分注意しましょう。
当社では、自然素材や耐震性など、老後でも住み続けられる家を提供しております。
今も老後も快適に過ごせる家にしたい方は、お気軽に当社にご相談ください。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU