子供部屋をつくろうとしている方へ!上手にレイアウトするコツを紹介します!

子供部屋作りは、子供の生活や成長に大きく影響を与えるため失敗したくないものです。
子供部屋作りを失敗しないために、子供部屋に対する心構えやレイアウトのコツを知っておきましょう。
これから子供部屋を作ろうとしている方、子供部屋のレイアウトを変えたい方は必見です。

□子供部屋について考えておくべきこと

子供部屋は自立心を養える場であるかが重要です。
社会に出ると、身の回りのことは自分でしなければいけない場面が増えるからです。
例えば、子供は自分の部屋で心地よく過ごすだけでなく、自分で身の回りのものを整理したり、家具の配置や装飾を考えたりできます。
すなわち、子供部屋を作ることは、自ら考えて物事に取り組むきっかけを作ることにつながります。

□子供部屋のレイアウトのコツと注意点について

*子供が大きくなっても使い続けられる子供部屋

子供の将来を見越して、家具を選ぶことは大切です。
子供は年齢を重ねていく中で、好みや身体のサイズは変わっていきます。
例えば、幼少時代には眠れていたベッドが、成長するにつれて身体のサイズにフィットしなくなります。
そのため、子供部屋を作る段階で、子供の成長を見込んだ家具を選ぶことが大切なのです。

*勉強しやすいレイアウト

子供が勉強する癖をつけるためには、環境作りが非常に大切です。
毎日勉強を続けることは、多くの子供たちにとって難しいものです。
帰宅すると漫画やゲームなどの誘惑物があるため、子供たちの多くは勉強に集中できないのではないでしょうか。
子供が継続的に勉強できるようにするためには、学習机の位置を考慮したり、照明にこだわってみたりするのがおすすめです。

*適度なプライバシーが確保された子供部屋

子供の成長に伴い、一人の有意義な時間を過ごせる空間を確保することも重要です。
ただし、子供が部屋で閉じこもらないように注意しましょう。
例えば、子供部屋にカギを取り付ける場合です。
カギを取り付けることにより子どものプライバシーは守られますが、子供が引きこもるリスクもあります。
カギを取り付ける場合は、子供が引きこもらないように、ご飯は必ず一緒にリビングで食べるといったルールを作るのもおすすめです。

□まとめ

子供部屋については、子供の自立心を養う場であることを考えておきましょう。
また、子供部屋を作る際は、成長を見込んだ家具選びや勉強に取り組みやすい環境などを考慮した上で、家具をレイアウトすることをおすすめします。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU