洗面台の上だけの交換は可能?交換する際のポイントを解説

洗面台を使用していると、洗面台の上(ボウル)の部分にひびが入ったり汚れたりしてしまうこともあるかもしれません。
そのような場合はできるだけ安く交換したいですよね。

しかし、洗面台全部を交換すると大掛かりになってしまいます。
そこで、洗面台の上だけ交換することは可能なのか、そして洗面台を交換する場合のポイントについて解説していきます。

□洗面台の上(ボウル)だけ交換することは可能?

洗面台の上(ボウル)の汚れが気になる場合には、交換したいと思われる方も多くいらっしゃるでしょう。
洗面ボウルは交換できる場合とできない場合があるため、それぞれについて解説します。

*交換できる場合

洗面ボウルだけが交換できる場合は、洗面台と洗面ボウルが一体型でないケースです。

*交換できない場合

一方、洗面台と洗面ボウルが一体型のものは取り外せません。
また、洗面台や洗面ボウルが古い場合も、洗面ボウルのみの交換ができない場合があります。
古い洗面台だと、最新の洗面ボウルが合わないことがあるためです。

□洗面台を交換するときのポイント

ここからは、洗面台をすべて交換する場合のポイントについて解説していきます。

・サイズや高さ

洗面所をリフォームするのであれば、広さによって交換できるタイプが限られます。
洗面所の広さを変えない限り、従来の洗面台と同じサイズのものを選ぶ必要があります。
家の洗面所の広さにあったものから、生活スタイルに適したものを選んでいきましょう。

・脱衣スペースや収納の確保

洗面台の使いやすさは重要ですが、脱衣スペースであることも忘れてはいけません。
洗面台の幅を大きくしたことにより脱衣スペースが狭くなってしまうと、洗面所が使用しにくくなってしまいます。

洗面所の広さを変更できるのなら広げる、できないのであれば洗面台と空間のバランスについて考えましょう。

・洗面ボウルや水栓の種類

洗面台の水栓は、鏡の下に取り付けられているものと洗面ボウルの縁についているものがあります。

洗面ボウルの縁についているものは水が溜まりやすいことが欠点ですが、鏡の下に取り付けられている場合は水が溜まらないため衛生的です。
デザインや機能性のバランスを考えて選択しましょう。

□まとめ

型によっては、洗面ボウルのみを交換できる場合もありますが、できない場合には洗面台全部を交換する必要があります。
その際には、洗面台によって洗面所が狭くならないように注意が必要です。
洗面所がより快適な空間となるように、設置後の様子をイメージして洗面台を選んでくださいね。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU