キッチンリフォームで失敗しないために!事例を踏まえてポイントを押さえましょう!

家族を支える食事、そして食事を生み出す場所であるキッチン。
より良い食事を家族に食べてもらうために、キッチンリフォームを検討されている方も多くいらっしゃるでしょう。

さらに理想のキッチンにすべく費用や時間をかけたリフォームで、後悔は絶対にしたくありませんよね。
そこで、どんな失敗例があるのかを把握しておき、それらを踏まえたうえで計画を立ててみましょう。

□キッチンリフォームでの失敗例を紹介

*キッチンの形状の変更

例えば、I型のキッチンからアイランド型やL型に変更したことでの失敗が挙げられます。
もともとI型であったキッチンを対面キッチンにすると、通路の幅が狭くなってしまいます。
人が通れればいいと考えていても、食器棚やゴミ箱などを設置してみると、想像以上にキッチンが狭くなってしまうこともあるでしょう。

また、アイランド型にしたことで、キッチンの中が丸見えになってしまうこともあります。
片付けが得意でない方やすべてが見えることに抵抗がある方は、後悔してしまうかもしれません。

*必要だと思っていたものを使用しない

例えば、食洗器が挙げられます。
以前は家族が多かったため食洗器が必要だったものの、子供が独立して夫婦二人の生活になると事足りてしまうかもしれません。

また、なかなか使用しないのにメンテナンスをする必要がある点も、後悔してしまうポイントといえるでしょう。
床下収納についても、引き出しや戸棚よりも利便性が低く、滅多に使用することがないことから使いづらいと感じる方もいらっしゃいます。

□キッチンリフォームで成功するためのポイント

先ほど紹介した事例のようにキッチンリフォームで後悔することのないよう、ここからご紹介するポイントを参考にしてみてくださいね。

1.優先順位を決めておく

価格や機能性など、譲れないポイントを洗い出しておきましょう。
予算や広さは限られているため、そのなかで理想のキッチンに近づけられるように優先順位を決めておきましょう。

それにより、満足できるキッチンに仕上がるはずです。
また、現在不満に感じている点をまとめてみると、優先順位を決めやすくなります。

2.設置を導入している機能が本当に必要なのか考え直す

キッチンに新しく食洗器や収納スペースを導入するのであれば、その必要性をしっかり考えておきましょう。
実際はあまり使わないとなると、設置費用がもったいなく感じてしまいます。
家族構成や使用頻度をもとに判断してくださいね。

□まとめ

キッチンリフォームでは、形状の変更や新たな機能の導入によって後悔される方がいらっしゃいます。
本当に必要なものなのか、よく考えてから変更や導入について考え直してみましょう。
今のキッチンに不満がある場合には、そこから優先順位を考えることで理想のキッチンをイメージしやすくなりますよ。

モデルハウスモニター様募集

閉じる
MENU